サクラはいるのか?

サクラはいるのか?

 

出会い系サイト=サクラが多いと言うイメージが強いと思います。実際のところ、この論は半分正解だと思って貰って頂いても大丈夫です(笑) しかし何故、サクラを雇う必要があるのかと言うと、会員登録者数が少ない出会い系サイトにあなたは登録をしたいと思いますか?おそらく多くの方が「NO」と答えることでしょう。知名度の低い過疎ってるサイトは利用をしたいと思わないですよね!なので、サクラを雇って売上を確保するしか無いのです…。

 

僕が某出会い系サイトの運営スタッフから直接聞いた話なのですが、その出会い系サイトは、毎月2000〜3000万円の広告費をかけて、売上はその倍である約1億円らしいです(笑) なので、必然的に毎月膨大な広告費をかけることをしなければ、サイト運営が成り立たないのがこの業界ですm(__)m

 

会員登録者数が多いサイトは、サクラを雇わなくても良いのかという疑問が残りますが、間違えなく「YES」と言えます。会員が10万人を超る規模のサイトになってくるとサクラをわざわざ雇わなくても、素人さん同士でサイトが盛り上がるため、勝手に売上が上がるからです!そしてその売上を広告費に回すことができるため、サイトの規模はどんどん大きくなっていきます。その点、華の会メールは運営歴が長く会員数が10万人を超えるサイトで知名度抜群なので、素人ばかりなのでご安心ください。しかし、残念ながら世の中に出回っている出会い系の9割はサクラです。会員が5万未満のサイトは特に危険です…!

 

サクラの業者は1日に100〜200万通のメールを一斉送信できる機能を使用しています。自分のメールボックスに「援助します」的な内容のスパムみたいなメールが届いていることが良くあると思いますが、これが俗に言うサクラです(笑) 現代人はこのようなことに慣れているため、被害に合うことは殆ど無いと思います。見分けるのは簡単ですから。

 

しかし最近は、手口も巧妙化してきており、出会い系サイトでのサクラメールは〔@user〕という特殊な置換文字を使っています。例えば、あなたの名前をメールの文章で呼ぶとします。あなたの会員名が「浩史」だった場合、「浩史さん はじめまして(^^)v」という風です。これだとあたかも自分を意識しているような感じがしますよね…(笑)

 

しかし、この手口を一発で見分ける簡単な方法があります。それは、会員名の後ろにスペースを入れると言ったものになります。例えば、「浩史」→、「浩史 」にしてみて下さい。メールで「浩史 さん はじめまして(^^)v」とメッセが来たらサクラである動かぬ証拠になります。万が一、このようなサイトを利用している場合、即座撤退しましょう。

 

華の会メールは素人しかいないですが、万が一他のサイトを利用することがある場合は気を付けて下さい(-_-;)

サクラはいるのか? | 関連ページ

女性を自宅に招くには?
華の会メールで出会えるテクニック「女性を自宅に招くには?」について。
カラオケで女性にモテる曲
華の会メールで出会えるテクニック「カラオケで女性にモテる曲」について。
女性が求める男性とは?
華の会メールで出会えるテクニック「女性が求める男性とは?」について。
メールを送る際の注意点について
華の会メールで出会えるテクニック「メールを送る際の注意点について」について。

トップページ 会員登録 登録方法 利用料金 相互リンク